心や体に関する本 病気・体のこと・心のこと

『ツレがうつになりまして』を読んだ感想

更新日:

ある日突然会社に行けなくなってしまった。

限界が来てプツっと体が動かなくなった…

仕事の準備をしようとすると、具合がどんどん悪くなっていく…

これが、仕事が行けなくなった日に最初に感じた私の気持ちです。

今回紹介する本は、

うつ病の旦那様と、それを支える奥様の、体験談です。

とても分かりやすく書いているので、おすすめしたいと思います。




今回紹介する本

今回紹介する本はコチラの2冊。

『ツレうつ』

いわゆる『ツレうつ』と呼ばれている本です。

ツレがうつになりまして

created by Rinker
¥503 (2019/10/22 23:07:22時点 Amazon調べ-詳細)

その後のツレがうつになりまして

created by Rinker
¥503 (2019/10/22 23:07:22時点 Amazon調べ-詳細)

このほかにも『ツレうつ』に関する本があるようですが、図書館に現在あるのがこの2冊でした。

ツレがうつになりまして

『ツレがうつになりまして』は、

ある日突然、夫の『ツレさん』から、

会社に行くのがしんどいとカミングアウトされるところから始まります。

作者の『てんさん』の視点から、うつ病の辛さなどについて、書いています。

その後のツレがうつになりまして

『ツレうつ』の続編にあたるこの本は、

その後の話が書かれています。

出版の裏話や、読者からの声に回答していたりと、

『ツレうつ』とはまた違った楽しさがあります。

こんな人におすすめ

私はこの本を、こんな人におすすめしたいです。

  • うつ病の当事者
  • 当事者の家族
  • 支援に携わっている人

うつ病になった…と思った時に、

読んでみるのがいいと思います。

読んだ感想

この本を読んだ感想です。

うつ病患者の家族が書いている

この本を書いた人は、

『家族(配偶者)がうつ病』の人です。

家族から見たうつ病患者が、書かれています。

当事者側から見れば、

「あー、わかるわかる!」ということも、

支える側からすれば、びっくりすることを考えていると思われることもあるようです。

私は当事者側なので、健康な人から見た当事者への視点は、とても新鮮でした。

当事者の気持ちも書いてある

本の中に、当事者である『ツレ』さんの一言が書いてあります。

うつ病を経験した当事者のつぶやきは、

思わず、『あるある』と思うものばかりでした。

イラストでわかりやすい

この本は、イラストを中心にまとめられています。

なので、漫画を読む感覚でうつ病のことを知ることができます。

まとめ

今回は、『ツレがうつになりまして』シリーズについて、書いてきました。

一度は読んでおきたい

私は、診断名は『うつ病』ではありませんが、

気分の落ち込みがあります。

この本は、気分の落ち込みを経験している自分を客観的に見ることができるので、

とても勉強になりました。

映像化について

『ツレうつ』は、テレビドラマや映画にもなっています。

なかでも、映画版はamazon primeのプライムビデオにもなっています。

私はまだ映画もドラマも見ていませんが、これから見てみようと思っています。

関連記事

この記事に関連する記事を紹介します。

心や体に関する本まとめ

心や体に関する本まとめ

この記事では、 私が今までに書いた本で、 心や体に関することの本のレビューを、まとめています。 Contents1 心に関する本1.1 『家族の精神疾患をこどもに説明する絵本』を読んだ感想1.2 『ツ ...

続きを見る

【スポンサーリンク】



-心や体に関する本, 病気・体のこと・心のこと

Copyright© アラフォー会社員リオの副業&趣味ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.